ご当地グルメ

ホルモン
さいたまの西、荒川の上流部、山々に囲まれ盆地"ちちぶ"。 鎌倉時代に開創と伝えられ、江戸時代には隆盛をみるようになった札所の地として知られてきました。
”ちちぶ”の食文化は蕎麦や農作業の合間に食べられた小昼飯、そば、ホルモン、味噌漬け等、独自の食文化が生まれました。現在でも秩父独自の味を楽しめる店舗が数多くございます。

地元民に愛されるB級グルメ「小昼飯」

みそポテト
秩父のB級グルメのシリーズをまとめて小昼飯(こぢゅうはん)と呼んでいます。どれも昔から地元に愛されてきましたが、最近では「みそポテト」を代表に、B級グルメとして一躍脚光を浴びています。

このページに表示されている施設の場所

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
ルートを検索
ホーム
ちちぶとは
観光ガイド
公社の事業
アクセス
お問合せ
公社について
その他
関連事業