コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

秩父音頭まつり

8月14日

盆を彩る流し踊り

秩父音頭まつり
開催時期
8月14日
場所
皆野町大字皆野 皆野駅前~皆野町役場お祭り広場
交通
秩父鉄道皆野駅下車
HP
ホームページ
お問合せ
皆野町観光協会 0494-62-1462

秩父音頭まつり秩父音頭は200年の歴史を誇るといわれ、関東三大民謡の一つに挙げられている。秩父音頭は、現代俳句会の巨星金子兜太氏の実父伊昔紅氏が昭和初期に現在のかたちに大成し、受け継がれてきている。

踊りの所作や歌詞の中に、秩父の厳しい風土に暮らす人々の生活、気性などが込められており、名実ともに秩父の民謡である。

当日行われる流し踊りコンクールは、約70チーム、1,000人を超える踊り手が会場を流し踊り、その美を競いあう。

グルメ(旨いもの)

皆野町内にはうなぎ屋が数店舗あります。お祭り当日にはお祭り広場と商店街に露店が出店されます。

楽しいハプニング

お祭り広場(役場前)の櫓周りでは、だれでも自由に流し踊りに参加できる。その場で師範格からの指導も受けられ、お眼鏡にかなえば「免許状」が交付される。

泊まれば

祭りの最後を彩る花火が打ち上げられる美の山の中腹に位置する「いこいの村ヘリテイジ美の山」がおすすめ、雲海が見れる宿としても知られています。祭り見物の後は、皆野や長瀞の町を見下ろす天然温泉大浴場をお楽しみください。

季節8月
エリア皆野町
五十音順た行
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る