コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

秩父夜祭

12月2日(宵宮)・3日(本祭)

ユネスコ無形文化遺産に登録

秩父夜祭
開催時期
12月2日(宵宮)・3日(本祭)
場所
秩父市街
HP
ホームページ

秩父夜祭絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行されます。 クライマックスは3日の夜で、最大20tもある笠鉾・屋台が団子坂(だんござか)と呼ばれる急坂を曳き上げられる様子は大迫力です。

この祭りは江戸中期、秩父神社に立った絹織物の市、「絹大市」(きぬのたかまち)の経済的な発展と共に、盛大に行われるようになり、その後日本を代表する祭りとして知られるようになりました。

2016年に「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。

楽しいハプニング

秩父夜祭秩父夜祭になくてはならない冬の夜空に舞う花火は必見。冬の澄んだ空気のなかで、より鮮明で、ダイナミックに上がる花火、次々と打ち上がる連続花火、大スターマイン。誰もがその素晴らしさに魅了されてしまいます。

日本、〒368-0032 埼玉県秩父市熊木町9−3

日本、埼玉県秩父市東町23 団子坂

日本、〒368-0041 埼玉県秩父市番場町1−1

季節12月
エリア秩父市
五十音順た行
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る