コンテンツ本文へスキップ
スマートフォンサイトはこちら

龍勢祭り

毎年10月第二日曜日

爆音とともに龍が天高くかけ昇る

龍勢祭り
開催時期
毎年10月第二日曜日
場所
秩父市下吉田 椋神社周辺
交通
西武鉄道西武秩父駅下車 バスで約30分
※当日は臨時便あり
HP
ホームページ

龍勢祭り毎年10月の第二日曜日に実施される吉田椋神社の秋の例大祭で行われる祭礼で、当日は約30本の龍勢(火薬を仕掛けた龍)を轟音とともに打ち上げています。

龍勢は全27の流派があり、龍勢祭で奉納する龍勢は各流派の手作りで作成されています。
大空高く打ち上げられた龍勢は、発煙等の仕掛けを展開する事もある他、パラシュート状の物体を内包する仕掛けもあります。

なお、打ち上げられたロケットがまるで龍の如き勢いであったことから、龍勢と呼ばれるようになったという説があり、通称農民ロケットとも呼ばれています。

2011年に、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』で龍勢が作中の重要な要素として描かれた事で、この年より同作品とのコラボレートした龍勢も発射されています。

 2018年3月、「秩父吉田の龍勢」として正式に国の重要無形民俗文化財に指定されています。

グルメ(旨いもの)

かぼす、日本酒、ワイン、ウイスキー

楽しいハプニング

空高く飛ばない、失敗作もありその様子を見ながら一喜一憂できるお祭りです。地域の人々と地酒や収穫されたばかりの野菜料理などを交えながら打ち上げをみることがだいご味です。

季節10月
五十音順ら行
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る