街並み

秩父市街地は古くから大宮郷・大宮町と呼ばれ、山間都市として門前町、市場町、宿場町として混合したまま発展し、忍藩領地の時代には陣屋がおかれていた。
大宮郷は門前町・市場町・宿場町として混合したまま発展した山間都市である。大宮郷の町場の形成は絹取引とともに栄えた。特に、明治中期から昭和初期にかけては「秩父銘仙」として、秩父の絹織物が全国的な人気を博し、この時代に建築された建物は、現在でもカフェや飲食店、物販店、資料館などとして往時の姿そのままに残されている。
その他にも、秩父住還の宿場町として栄えた小鹿野の街並みや三峯神社の参拝客が立ち寄った宿場町の名残を残す贄川宿など、古くからの懐かしい街並みが楽しめます。

このページに表示されている施設の場所

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
ルートを検索
ホーム
ちちぶとは
観光ガイド
公社の事業
アクセス
お問合せ
公社について
その他
関連事業